ユーロ、ワクチン接種が進みユーロ高要因となるか

弊社専属トレーダーの相場分析を共有いたします。運用に是非お役立てください!

 

尚、私の相場分析ではありませんので質問をいただいてもお答えできませんので予めご了承ください。

 

わからない専門用語があれば一度ご自身でネットで調べてみてください!

 

以下、トレーダーの相場分析

 

ECBデキンドス副総裁から「コロナワクチンの接種が進み、経済活動が再開すれば、(緊急の金融緩和を段階的に解除できる」との発言があった。

これにより若干ユーロ高で市場が反応し、ユーロドル、ユーロ円は上昇要因となったが、一部地域ではロックダウンがあったことからユーロ圏の不安定感は否めない。

ECBデキンドス副総裁の発言のとおり、ユーロ圏のワクチン接種が進み、経済復活が目に見えてくればユーロ高となり、ユーロドル、ユーロ円は大きく上昇するだろう。

しかし、米国の経済復活によりドル高も予想されることから、ユーロドルは上昇しにくいと考えられる。
現時点では、米国の経済復活の思惑が強いことから、ジリジリ下げか横ばいが進む可能性が高い。

逆にユーロ円は、日本のワクチン接種率が先進国の中でもダントツで遅く、緊急事態宣言の延長も見込まれることもあり、円買いが置きにくく、ユーロ高となればユーロ円は大きく上昇する可能性が非常に高い。

一度動き出すとなかなか止まらないのがユーロ円であるため、売りでの注文は気をつけたいところである。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

FX自動売買ツール開発元代表取締役。 2級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)。 投資は近年では詐欺まがいなものも多く、情報弱者は食い物にされてしまいます。 しっかり知識をつけて、負けない投資ライフを作り上げましょう!