通貨ペアが多い場合のチャート表示&EA設定

EAをMT4にセットするとき、チャートの表示が多いものは少し大変です。

こちらでは少しでもわかりやすくするために解説をしていきます。

今回はUSDJPY、EURUSD、EURJPY、USDCAD、AUDUSD、USDCHF、EURCHF

の7通貨ペアをlong onlyとshort onlyの2つに分ける場合を例にとってご説明していきます。

この場合14チャート必要となります。

 

まずはチャートの表示

 

はじめにすべてのチャートを消しましょう。

その後図の丸が打ってある部分「ファイル」をクリック、新規チャートを選択し必要な通貨ペアのチャートをクリックして表示させていきます。

今回は各通貨ペアlong onlyとshort onlyに分けますので2つずつ表示させます。

 

たくさんあるチャートを整列しよう

 

今回の事例だと14チャート表示させます。ただ表示させただけだと図のようにぐちゃくちゃです。

 

画面上部のこのアイコンをクリックしてチャートを整列させましょう。

※この操作は画面上部「ウインドウ」→「ウインドウの整列」でも可能です。

 

するとこうなります

 

EAの設定でlong onlyやshort onlyの指定がある場合

 

EAをチャートにセットした時に表示されるこの画面で切り替えます。赤い丸の部分をプルダウンすれば

Only Long

Only Short

Long&Short

の3つが選択できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

FX自動売買でお客様の資産を増やすお手伝いをしております。 近年、自動売買業者は売りっぱなしでフォローをロクにしないというケースがほとんどですが、さすがにそれでは結果が出ません。 正しい知識提供で本当に成果の出るFX自動売買を目指して活動しております。